ネイルデザインレッスン

冬ネイルの定番ニットネイルのやり方とコツを紹介します!凹凸が作りやすいお勧めジェルも

こんにちは。

かわいい女の子のネイルを応援するサロンオーナーの のす太です!

 

ここ数年、冬になるとやはり一度はつけてみたい!

ネイルサロンでのオーダーも増えてくるのが、ニットネイル

初めはとにもかくにも、ジェルで厚みを出して模様をつけ、

マットで仕上げればいいはず‼と見様見真似でチャレンジしたものの、

なかなか模様の凹凸が出せずに苦労したものですが、

ある時セミナーで偶然やり方を教わり、グンと簡単にできるようになりました。

ここでは、そのやり方を順を追って解説してみます。

 

模様はっきりニットネイルの作り方

プレパレーション(下準備)

チップには必要ありませんが、自爪につける場合は余分な甘皮などを除去し、表面をファイルでサンディング、ネイルプレップによる油分除去など、下準備をしておくことで、もちの良いジェルネイルをつけることができます。

1.ベースクリア塗布(チップでは必要ありません)

ベースになるクリアジェルを爪全体に塗布します。→硬化1分

2.ベースカラー塗布

ベースカラーになるクリーム色を全体に塗布し1分間硬化します。→もう一度繰り返し

3.マットコート

マットコートジェルを全体に塗布し、1分程度硬化した後未硬化ジェルをクリーナーなどで拭き取ります

のす太のポイント

マットコートがなくてもスポンジバッファで軽くサンディングすることで、ツヤ消し出来ます!

4.ニット模様

スカルプティングジェルなど硬めのジェルを使い、流れるのを防ぐため、図の赤→青→緑→水色→ピンクの線の順番で、色を変えてある部分ごとに仮硬化しながら描きます。

2、3回繰り返すと、だいぶ厚みが出てきます。

 
のす太のポイント

クロス部分を細目に描くと、縄目っぽくて良い感じに描けます!

 

縄模様と同様に、縦ラインとドットも仮硬化をしながら2,3回重ねて描いていきます。

のす太のポイント

縦ラインにはロングライナーを、ドットにはドットペンを使うと無駄な時間が省け、ジェルが流れるのも防げるので便利です。

ドットペンがない場合は、爪楊枝で代用してみましょう!

ベースに使ったカラージェルで模様の上をなぞり、透明感を消していきます。

のす太のポイント

このときも、模様を描くときほど細かくではなくてもよいですが、仮硬化をはさみながら描いていくと良いですね!

最終的に1分間程度硬化します。

5.仕上げ

マットコートジェルで模様の上をなぞっていき、最終的に1分間程度硬化未硬化ジェルをクリーナーなどで拭き取って出来上がりです。

 

のす太のポイント

クリーナーはエタノール消毒液でも代用できます。

拭くのは専用ワイプが間違いないですが、キッチンペーパーでも代用できますよ!

 

なばな店長
なばな店長
写真だとちょっとわかりにくいかもですが、薄めのカラーの方が模様がよく見えるです!
さざれ店長補佐
さざれ店長補佐
暗い色だとせっかくつけてもよく見えなくて、勿体ないですね

 

  • は使いやすそうなものを挙げていますが、特に問いません。一番使いやすいと思う筆を使いましょう‼
  • 硬化時間は目安です。メーカーの支持をもとに、ライトのワット数などによって変えてみましょう。
  • その他、やり方は様々ですので参考まで。要するに、出来上がりが気に入ればいいのです!!

 

凹凸のつけやすいお勧めのジェル

セミナーで教えてもらったのは、ジェルネイルで長さを出すときに使う『スカルプティングジェル』

初めは硬めなら良いのかな?と、ハードジェルで試してみたり

ビジューなどをつけるフィキシングジェルで試してみたり…

アクリルパウダーやジェルの3Dパウダーを混ぜて作るという話を聞けばそれも試してみたのですが、

のす太はどれも今一つうまくいかず(不器用なだけかも)、

結局やっぱり、『スカルプティングジェル』に落ち着いた感じですが、

 

なんと最近もう一つ、お勧めのジェルを発見しました‼

それが実は今回も使ったのですが、ageha Gel(アゲハジェル)チャームオンノンワイプジェル です。

このジェルは、大きめのストーンやビジューなどを滑らないように乗せるためのジェルで、

かつ未硬化ジェルが出ないタイプの優れものなのですが、

ビジュー用の割には柔らかいので、粘りすぎずラインも描けるんです。

 

なので、夏にはこのジェルをプロデュースしたネイリストagehaさんが流行らせた

『人魚の鱗ネイル』にも、重宝しましたよ。

 

まとめ

模様はっきりニットネイルの作り方ですが、

やはりキモは、いかにジェルを流れさせずに模様を描くか?だと思いますので、

硬めのジェルを使うこともですが、まめに仮硬化を挟んでいくのが一番なのだと思います。

こまめな仮硬化には、ハンディジェルネイルライトがあると便利ですよ。