ネイルレッスン

ジェルネイルを平らに塗る方法!ムラやサイドがガタガタにならない塗り方は?

今や100円ショップやネットで簡単にジェルネイルが手に入るということもあり、

セルフネイルされる方も多いですよね。

自分の好きな時間にネイル出来る手軽さは魅力的ですが、ネイルを綺麗に塗るのって

難しいですよね。。

ムラが目立ってしまったり、キューティクルラインやサイドラインがガタついてしまったり。。。

そこで今回は、ジェルネイルを綺麗に塗る方法を基本に沿って解説していきます!

 

初心者さんから、すでにセルフネイルされていてお悩みの方必見です☆

 

この記事では

  • ジェルネイルを綺麗に塗るポイント
  • おすすめアイテム

などを紹介しています。ぜひ最後までご覧になってください♪

 

ジェルネイルを平らに綺麗に塗るポイント

甘皮ケア

ジェルネイルを平らに綺麗に塗るにあたり、甘皮ケアは、かなり重要ポイントです。

甘皮周りが整っていないと綺麗に塗ろうとしても

甘皮にジェルがついてしまってラインががたついてしまいます。

 

 

 

 

 

まずは爪の形をファイルで整えた後、プッシャーで押し上げます。

 

 

 

 

 

 

コーナー(角の部分)はプッシャーの後ろを使って掻き出すようにするととれやすいです。

サイドのがたつきは、ここに甘皮が残っているとできやすいのでしっかり取りましょう。

 

 

 

 

 

 

余分な甘皮をキューティクルニッパーでカットします。

 

 

 

 

 

 

ウェットティッシュやガーゼ等で綺麗に拭き取ります。

甘皮ケア完成!

ベースジェルでフォルム形成

次にベースジェルで爪の表面を綺麗に整えます。

優しく塗って少し待ってあげると、ジェルが自然に広がります(セルフレベリング)。

こうすることで表面がつるんとなり、次に乗せるカラーがムラになりにくくなります。

 

 

 

 

 

甘皮ケアしているのでキューティクルライン(爪の根本の方)も塗りやすいです!

 

カラーは少量ずつ塗布

カラーがムラになる要因として、量が多すぎるということがあります。

筆の片面にのみ少量とって足りなければ足していきましょう!

 

 

 

 

 

爪の大きさにもよりますが、今回の量はこのくらい。

今回はムラになりやすいカラーであるホワイトをあえて使用していきます。

 

 

 

 

 

 

サイドは筆の側面を使って寝かせながら塗ります。

くれぐれも優しい力で!!圧はかけないように。

はみ出しは硬化前に修正

ジェルが皮膚についてしまった!あるあるですよね。

硬化してしまったら取りにくくなるので、必ず硬化前に取りましょう!

 

 

 

 

 

ウッドスティックで優しく取ります。

先端も忘れず塗る!

先端が塗れていないと残念な見た目になってしまうので忘れないよう塗りましょう。

また、先端を塗ることでジェルが取れにくくなり、ネイルが長持ちします!

 

 

 

 

 

このオレンジの部分です。筆の先端で皮膚につかないよう塗っておきます。

 

 

 

 

 

 

あとはトップジェルを塗って。。

 

 

 

 

 

未硬化ジェルをふき取ったら、最後にエメリーボードで軽く形を整えます。

この工程で、先端のはみ出したジェルなどが取れてすっきりした形になります。

 

 

 

 

 

完成です!

横からみてもラインが綺麗に整っていますね。

ベースジェルでフォルムを綺麗に形成しているので凹凸もありません。

 

ジェルネイルを平らに塗るのにおすすめのアイテム

綺麗に塗る為の行程をきちんと行うことも大事ですが、使いやすいアイテムを使用すること

も綺麗に塗るための近道になります☆

そこでおすすめのアイテムをご紹介します!

ベースジェル

 

詳細は画像をクリック

こちらグレースガーデンのベースジェルです。

なんとサンディング無しでOK!

サンディングする工程が省かれることで時短になりますし、初心者さんにありがちな爪も削りすぎる心配もありません。

また、テクスチャーが硬すぎず柔らかすぎない為、とても使いやすいです。

さらに嬉しいことに、プチプラとは思えないほど持ちが良いです♪

ネイルブラシ

 

詳細は画像をクリック

こちら、私がネイリスト時代から愛用しているプラスワンのネイルブラシ。

サロンワークで毎日ガンガン使っていたブラシですが、まだまだ綺麗で活躍中です。

ブラシは頻繁に買い替えたりせず、基本的に長く使っていくものですから良いものを

購入されることをおすすめします♪

毛の長さが長すぎず短すぎないので、どんな爪にも塗りやすいです。

持ち手が少し太めで支えやすいところも◎

トップジェル

 

詳細は画像をクリック

こちらもネイリスト時代にサロンで大活躍していたトップジェルです。

サラサラすぎないテクスチャーの為、最後に表面の凹凸をなくしてプルンとした

フォルムを形成しやすいです。

もちろんベースジェルで綺麗なフォルムを作りたいですが、

そのあとのカラーやパーツ、アート等で凹凸ができてしまうこともあるので、

最後にもう一度表面を整えておくと綺麗な仕上がりになります!

ボトルタイプなので、そのまま塗れることも嬉しい♪

まとめ

今回はジェルネイルを平らに塗る方法について、工程付きでご紹介しました。

ポイントは

・甘皮ケア

・ベースジェルでフォルム形成

・カラーは少量ずつ塗る

・はみ出しは硬化前に修正

・先端も忘れず塗る

ということです。

 

平らに塗るためにはとにかくベース作りが重要となってきます!

土台が凸凹していると、その上に重ねていくものも凸凹なってしまうので

しっかり押さえておきましょう!

何に関してもですが、土台作りはやっぱり大切ですね♪

この記事を読んでセルフネイルが楽しく上達できる女の子達が増えると嬉しいです♪

 

 

なばな店長
なばな店長
最後まで読んでいただきありがとです!
さざれ店長補佐
さざれ店長補佐
またお会いするですぅ!
LINEお友達登録

お友達追加していただくと、

季節におすすめのネイルアートや自宅でもできるネイルテクニックの動画配信情報

またネイルサロン運営やブログ集客についてのためになる情報などお届けしていきます!