ネイル/コスメ情報

セルフジェルネイル白グラデーションのやり方を解説!コツやおすすめの道具も

皆さん、こんにちは!

冬の時期にやりたいネイルといえば、そう、白グラデーションネイル!

ポリッシュでは難しいグラデーションも、ジェルならセルフでもできちゃうんです。

それには少しコツがいるので、今回は

  • セルフジェルで白グラデーションのやり方を解説!
  • 白グラデーションにおすすめの筆や道具は?

を紹介していきます!

セルフで白グラを挑戦してみたい方、ぜひ参考にしてみてください♪

★こちらもオススメ↓

ジェルネイルで赤と黒など濃い色グラデーションを綺麗に仕上げるやり方とコツをご紹介

セルフジェルで白グラデーションのやり方を解説!

まずはやり方から紹介していきます。

①白ジェルにミキシングジェルを混ぜて色を薄める

通常の白ジェルはパッキリとした色が多いため、グラデーションがしにくいです。

クリアジェルやミキシングジェルを使って、1:1くらいで薄めます。

クリアジェルを使う場合は、トップジェルよりもベースジェルや緩めのクリアジェルにしましょう。

半透明くらいが理想です。

薄めた白ジェルを作るときはアルミホイルの上で作ると、後片付けも楽ですよ。

②ベースジェルを塗る

プレパレーション(下準備)をしたら、油分除去をしてベースジェルを塗ります。

先端にも塗ると、剥がれにくくなります。

リフトしやすい(剥がれやすい)方は、プライマーやボンダーを使うと密着力が強くなります。

③薄めた白ジェルをグラデーションしたい部分から塗る

まず土台となる部分まで塗ります。

グラデーションの1番薄い部分になりますので、爪の半分から2/3くらいまで塗りましょう。

※筆者の爪を使っております。

お見苦しいかとは思いますが、分かりやすく説明するために写真を載せさせていただきます。

④クリアジェルを付けた筆で境目をぼかす

筆にクリアジェルを少量とり、境目に乗せていきます。

筆の筆圧を下げて、ふわふわとクリアジェルだけを動かすような感覚で境目をぼかしていきます。

クリアジェルを使わずにそのままぼかせる方は、そのままぼかして大丈夫です。

ぼかすのが苦手な方は、

ジェルネイルで赤と黒など濃い色グラデーションを綺麗に仕上げるやり方とコツをご紹介

に載っているやり方のように、筆を横に動かすと楽ですよ。

また、筆を縦にしてトントンと叩くようにぼかすやり方もあります。

実際に自分でやってみて、1番やりやすいやり方を見つけてみてください。

この時点ではムラはあまり気にしなくても大丈夫です。(塗り重ねていくため)

注意点としては、ぼかしているときに薄めた白ジェルがベタッと筆についてしまうと、

余計なところにジェルが動いてしまうため、

筆を一回一回キッチンペーパーで拭いながらぼかすと、しっかりぼかすことができます。

また、筆圧を強くしてしまうとジェルが抉れてしまうため、あくまでフワッと触りましょう。

⑤薄めた白ジェルをグラデーションしたい部分より少し手前に塗る

グラデーションを作っていきます。

先に塗った部分よりも少しだけ手前に薄めた白ジェルを塗ります。

⑥④と⑤を繰り返す

薄めた白ジェルをどんどん手前に塗りながら、

クリアジェルを付けた筆でぼかす、を2、3回繰り返します。

⑦薄めた白ジェルをさらに薄め、境目から先端まで全体的に塗る

ムラをなるべく目立たせなくさせるために、

さらにクリアジェルで薄めた白ジェルを薄く全体的に塗ると、境目が自然とぼかされます。

この工程はやる方とやらない方がいるため、お好きにしてください。

⑧トップジェルを塗る

最後にトップジェルを塗って、硬化します。

トップジェルを塗ることでムラがさらに軽減されますので、少しムラが残ったかな、と思っても安心してください。

このような白グラデーションが出来上がりました。

最初は結構ムラが目立っていたのですが、フワッと塗り重ねること、薄めたジェルを上から重ねること、トップジェルを塗ることで綺麗に仕上がりました。




白グラデーションにおすすめの筆や道具は?

一通りのやり方は紹介しましたが、それでも初めて挑戦するときはなるべく簡単にできるようにしたいものです。

白グラデーションがやりやすくなる筆や道具、ジェルを紹介していきます。

 

・グラデーションブラシ

 

詳細は画像をクリック

斜めにカットされた大きめの筆です。

このブラシの片側に薄めた白ジェルを取り、もう片側にクリアジェルを取ります。(クリアジェルを筆に馴染ませておく方法もあります)

そのまま滑らせることで2つのジェルが自然と混ざり、勝手にグラデーションができるといった仕組みになっています。

詳しいやり方はこちらの動画を参考にしてみてください↓

グラデーションブラシは筆の動かし方さえ慣れてしまえば、ものすごく簡単にグラデーションを作ることができます。

逆に通常のやり方に慣れている方にとっては、やりにくいという意見もあるので、自分に合うかどうか試してみてください。

 

・スポンジ

 

専用のスポンジもあります!:詳細は画像をクリック

ファンデーションなどに使うスポンジを使うことで、グラデーションを作るやり方もあります。

ジェルをポンポンと含ませて、そのままポンポンと爪の上に乗せていきます。

気泡が入る心配はありますが、うまく使うことができればスプレーのような表現をすることもできるので、ぜひ練習してみてください。

 

【ジェル編】

実は白グラデーションは、やりやすいジェルとやりにくいジェルの差が非常にあります。

今回、4種類のジェルを使って検証してみました。

 

親指は通常の白ジェルを薄めて行いましたが、実はグラデーション用にやりやすいシアーな白ジェルも売っています。

この写真の人差し指がシアーなジェルです。

元々薄くなっているジェルで、薄めなくてもそのまま使うことができます。

グラデーションしやすいのが特徴です。

 

シアーホワイトジェル:詳細は画像をクリック

 

また中指に使用したのはパールが入った白ジェルです。

こちらも薄めずに使用することができます。

パールの効果で薄く塗るとムラが目立ちにくいため、グラデーション向きです。

また清楚で綺麗な指元を演出できますので、オフィスネイルとしても活躍します。

 

ハールホワイトカラーのジェル:詳細は画像をクリック

 

薬指に塗ったジェルは筆者が白グラデーション用にイチオシしたいジェルです。

リーフジェルというメーカーから出ている、427番のジェルなのですが、

細かいラメがチラチラと入っているためムラが目立ちにくく、

シアーな質感なのでグラデーションが抜群にしやすいです!

めちゃくちゃ可愛いくて優秀なシリーズですので、ぜひ見つけたら試してみてください。

 

リーフジェル427:詳細は画像をクリック

 

ちなみに小指は、通常の白ジェルを薄めずにグラデーションしてみたところ、

見事に失敗した見本だと思ってください(笑)

ですが!

失敗したな、と思ったときに役に立つのが、ラメやストーンなどの存在です。

こちらはプレストの大小の粒が入ったクリアオーロララメなのですが、

ラメをグラデーションの境目に塗るだけで、多少は誤魔化すことができます。

ちょっと失敗しちゃったな、と思ったときには、ぜひラメやパーツ類を乗せてみてください。

そうすることでパーツ類の方に目が行くようになります。

まとめ

いかがでししたでしょうか?

白グラデーションは筆圧さえうまく利用すれば、セルフでも綺麗に仕上げることができます。

また、グラデーションしやすい筆も売られていますので、上手くいかないなと思っている方は、利用してみてください。

白グラデーションは指先を冬らしく清楚に見せてくれますので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

★こちらもオススメ↓

ジェルネイルで赤と黒など濃い色グラデーションを綺麗に仕上げるやり方とコツをご紹介

LINEお友達登録

お友達追加していただくと、

季節におすすめのネイルアートや自宅でもできるネイルテクニックの動画配信情報

またネイルサロン運営やブログ集客についてのためになる情報などお届けしていきます!