ネイルデザインカタログ

トロピカルネイルの簡単なやり方!ヤシの木の書き方も画像つきで解説!

トロピカルネイルのサンプルチップ画像

こんにちは。かわいい女の子のネイルを応援するサロンオーナーの のす太です!
ページをご覧いただきありがとうございます!

なばな店長
なばな店長
店長のなばなです!早く楽しい夏が来ないですかねぇ?!
さざれ店長補佐
さざれ店長補佐
さざれですぅ!じゃぁ、トロピカルネイルで呼んじゃいましょうよぅ!

 

まだまだじめじめとした梅雨が続いていますが、それだけに?ネイルだけでも夏を感じたい!!

夏よはよ来い~!!と、バタバタしたくなっちゃってる方も多いんじゃないでしょうか?!

夏といえばいろんなイメージがあると思いますが、じめっとした梅雨の鬱陶しさを吹き飛ばすには、やっぱりカラッと明るいイメージ!!

そこで今回は、そんなイメージを代表して、「トロピカルネイル」に挑戦してみたいと思います!

なるべく簡単に、トロピカルな雰囲気が出せるようなデザインを選んでみましたので、是非参考にしてみてくださいね!

おまけに、トロピカルネイルに欠かせないヤシの木の簡単な描き方も解説しますので、そちらもどうぞお見のがしなく!!

簡単にできるトロピカルネイルのやり方

トロピカルカラーを使う

トロピカルネイルを作ろう!というときに一番簡単にできるのが、なんといっても「トロピカルカラー」を使ってしまうこと!

トロピカルカラーのなばな店長の画像
なばな店長
なばな店長
…って、なばなですか?!

 

そうそう!なばな店長の蛍光グリーンとイエロー、交互に塗るだけでもトロピカルネイルになっちゃいそうですよね(笑)

2色使って縦のグラデーションなんかも、簡単にできるわりに凝って見えるのでお勧めです!

 

さざれ店長補佐
さざれ店長補佐
なばな店長カラーじゃなくても、オレンジや明るいピンクなんかトロピカルなイメージですよね!

 

のす太のポイント

トロピカルネイルにぴったりの縦グラデーション!簡単な手順を紹介しますね。

【1】ベースカラーを全体に塗布します。(硬化)

トロピカルネイル作成中のサンプルチップ画像

【2】2色を縦半々に塗ります。

トロピカルネイル作成中のサンプルチップ画像

【3】真ん中を上から下に掃きながらぼかしていきます。(硬化)

トロピカルネイル作成中のサンプルチップ画像

【4】2色で半々に塗るところから繰り返します。(硬化)

トロピカルネイル作成中のサンプルチップ画像

 

のす太使用カラー

黄色すぎないイエローがトロピカルネイルでも普段使いにちょうどいい感じ!

やわらかめのコーラルオレンジはギラギラしすぎないので普段にもつけやすいトロピカルネイルに!

 

トロピカルモチーフのパーツを使う

貝殻やヒトデ、パイナップルやヤシの木といったトロピカルモチーフはパーツも豊富なので、ただただ乗っけてしまうのもアリですよね!

なばな店長
なばな店長
ヒトデや貝殻のパーツはトロピカルネイルの定番ですよね!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ネイルノスタルジアさん(@nailnostalghia)がシェアした投稿

さざれ店長補佐
さざれ店長補佐
お花はのす太の手作りですが、シェルフレークや星の砂も乗せてるですよぉ!

夏ネイルに使えるいろんな形のパーツがセットになっていて便利!

夏ネイルにぴったりの星の砂

 

のす太のポイント

パーツや星の砂は凹凸があるので、ベースにはフィキシングジェルなど少し硬めのジェルを使い、トップジェルも2度塗りしたり凹凸や隙間に流し込むようにすると取れにくく、引っ掛かりずらくなります。

 

トロピカルモチーフのシールやペイント

トロピカルモチーフは、パーツのほかにシールでもたくさん種類が揃っています。

一枚のシートに色々なモチーフのシールがセットになっているものが多いので、それを組み合わせちゃうのもいいですね!

なばな店長
なばな店長
ヤシの木はシールでカモメ?はのす太の手描きですよ。




さざれ店長補佐
さざれ店長補佐
フットにはポップなタッチのシールを貼ったですぅ!パイナップルとかのす太はきっと描けないですよぉ! ←コラ

 

ポップなサマーモチーフが可愛いネイルシール!

 

のす太のポイント

ツメキラのシールなどは未硬化ジェルの拭き取り不要のものもありますが、基本的に未硬化ジェルをふき取ったところに貼らないと、シールがめくれてきてしまうことが多いので注意です!

 

簡単なヤシの木の描き方

トロピカルモチーフでも、ハイビスカスやプルメリアのお花や熱帯魚、パイナップルなどのフルーツは色もたくさん使うし、描くとなるとちょっと面倒…と思ってしまいますが、

シルエットだけでも十分雰囲気が出せるヤシの木は1色あれば簡単に描けますし、覚えておくと何かと使えますので、さっそく描いていってみますね!

のす太のポイント

ジェルネイルに描くときは、未硬化ジェルなどをふき取りベースをツルンとした状態にしておいた方が修正もきれいにできますし、万が一やり直したくなった場合にも綺麗に拭きとることができるので、ひと手間ですがおすすめです!

1.太めのアート筆に黒のカラージェル(あればアートジェル)をとり、ヤシの木の幹を描きます。→仮硬化

トロピカルネイル作成中のネイルチップ画像

2.葉っぱの部分を描いていきます。幹の方は少し短めに描いておくとそれっぽいです!

トロピカルネイル作成中のネイルチップ画像

3.葉っぱの細かいところも描いていく(細い筆でぴっぴっと引き出す感じ)とさらにそれらしくなりますよ!→硬化

トロピカルネイル作成中のネイルチップ画像

4.コーティングして出来上がり。

のす太のおすすめ

やっぱり描きやすいアート用のジェル

 

 

まとめ

ここまで、簡単にトロピカルなイメージを取り入れられるネイルデザインのやり方、ヤシの木の描き方も説明してきました。

「トロピカル」は夏になると必ず取り入れられる人気のモチーフですから、パーツもシールも種類が豊富!

そういったものを組み合わせれば、特別なテクニックなど使わなくても簡単に凝ったデザインもできてしまうのが嬉しいですよね!

さて、今年はどんな『トロピカルネイル』にしましょうか?!

手描きのヤシの木を添えて、ぜひオリジナルのデザインを工夫してみてくださいね!

 

まずはジェルネイルキットで挑戦してみる。

詳細は画像をクリック

 

 

なばな店長
なばな店長
最後までお読みいただきありがとうございました
さざれ店長補佐
さざれ店長補佐
またお会いするですぅ