有名人・人気者のネイル

佐藤日向さんがツイッターで見せた白とブルーのグラデーションジェルネイルのやり方を画像付きで解説します!

白とブルーのグラデーションネイルの画像

こんにちは。かわいい女の子のネイルを応援するサロンオーナーの のす太です!

ページをご覧いただきありがとうございます。

なばな店長
なばな店長
なばなからも感謝です!
さざれ店長補佐
さざれ店長補佐
さざれもありがとですぅ!

女優・アイドル・声優としてテレビや舞台で活躍中の佐藤日向さんがツイッターで「気合い入れのために」ということで

メディアミックス作品『少女☆歌劇スターレビュースタァライト』でご自身が演じている星見純那ちゃんをイメージしたネイルを紹介していました。

シアーホワイトと星見純那ちゃんのイメージカラーというライトブルーが印象的、

星のホログラムにシルバーのホログラムやラメが星空をイメージさせますね。

白のグラデーションは難しいのですが、マットではなくシアーなホワイトを使うことでだいぶやりやすくなってます。

 

早速のす太がチャレンジしてみました‼

 

各デザイン共通の下準備【プレパレーション】

チップには必要ありませんが、自爪につける場合は余分な甘皮などを除去し、表面をファイルでサンディング、ネイルプレップによる油分除去など、下準備をしておくことで、もちの良いジェルネイルをつけることができます。

作り方とコツ【白ベースにブルーのグラデーションネイル】

1.ベースクリア塗布(チップでは必要ありません)

ベースになるクリアジェルを爪全体に塗布します。→硬化1分

2.ベースカラー塗布

ベースカラーとなるシアーホワイトを全体に塗布し1分間硬化。→もう一度繰り返す

白ベースにブルーのグラデーションネイルを作っているところの画像

3.ラメグラデ

クリアジェルを全体に塗布、筆にブルーのラメをとり先端から根元に向けてグラデーションする。→硬化1分

白ベースにブルーのグラデーションネイルを作っているところの画像
のす太のポイント

クリアジェルは少し多めに塗布し、先端に筆で置いたラメを筆先で滑らせるように移動させながらグラデーションを作っていくとやりやすいです!

4.シアーホワイトをプラス(省略可)

ブルーのラメの上に、少しだけシアーホワイトのジェルを塗布します。→硬化30秒

白ベースにブルーのグラデーションネイルを作っているところの画像
のす太のポイント

ブルーのラメのキラキラが強すぎるように感じたので、少しシアーホワイトを被せてトーンを落としました。前工程でのカラーが気に入れば、この工程は省略してもかまいません。

5.ホログラム・スタッズをのせる

クリアジェル(ミキシングジェル)を全体に塗布し、バランスを見て星のホログラムとスタッズ(1.2㎜)をのせます。→硬化1分

白ベースにブルーのグラデーションネイルを作っているところの画像

仕上げ

トップジェルを全体に塗布し硬化1分、クリーナーで未硬化ジェルをふき取って出来上がりです。

のす太のポイント

星のホログラムはジェルをはじきやすいのでトップジェルは少し厚めに塗るか、2度に分けて塗りしましょう!

 




 

作り方とコツ【シアーホワイトのグラデーションネイル】

1.ベースクリア塗布(チップでは必要ありません)

ベースになるクリアジェルを爪全体に塗布します。→硬化1分

2.シアーホワイトのグラデーション

シアーホワイトのカラージェルをスクエア筆にとって先端4分の1くらいに塗布し、クリアとの境目部分を軽くたたくようにしながら根元に向けてぼかしていき、1分間硬化します。→もう一度繰り返し

シアーホワイトのグラデーションネイルを作っているところの画像
のす太のポイント

カラーグラデーションにはスクエア筆が、のす太は一番使いやすいのでお勧めです‼

3.ラメ・ホログラムをのせる

クリアジェル(ミキシングジェル)を爪全体に塗布し、シルバーのラメやホログラムを散らすようにのせます。→硬化1分

シアーホワイトグラデーションネイルを作っているところの画像

仕上げ

トップジェルを全体に塗布し硬化1分、クリーナーで未硬化ジェルをふき取って出来上がりです。

星型ほどではありませんが、ホログラムはジェルをはじきやすいのでトップジェルは少し厚めに塗るか、2度に分けて塗りしましょう!

まとめ 

いかがでしたか?白とブルーが印象的な佐藤日向さんのネイル。

ラメグラデーションは今回ご紹介したやり方のほかに、前もってクリアジェルにラメを混ぜておいてそれを塗布していく方法もあるのですが、

それをやると、のす太はいつも余ってしまったり足りなくなったりするので、そのつどラメを取って乗せていく方法でやっています。やりやすい方を試してみてくださいね。

 

カラーグラデーションにも、今回ご紹介した方法のほかにいろいろなやり方がありますので、色々試してみて、ぜひ自分に合ったやりやすい方法を見つけてみてください。

そんないろいろの試行錯誤も、ネイルの楽しみの一つだとのす太は思っています。