ネイルレッスン

フレンチネイルの種類と名前一覧!やり方のポイントも画像付きで解説

こんにちは。かわいい女の子のネイルを応援するサロンオーナーの のす太です!
ページをご覧いただきありがとうございます!

なばな店長
なばな店長
店長のなばなです!
さざれ店長補佐
さざれ店長補佐
店長補佐のさざれですぅ!

フレンチネイル

ネイルを楽しんだことがある方なら、必ずその言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

すっかり定番になったフレンチネイルですが、実は種類がとても多くデザインごとにいろいろな見せ方ができるんです。

いろいろなフレンチネイルの型を知っていれば、TPOにあわせた爪のおしゃれを今よりもっと楽しむことができます。

この記事ではフレンチネイルの種類や簡単にできるポイントまで、たくさんの画像と一緒にご紹介していきます!

フレンチネイルとは?

フレンチネイルとはどういったものなのでしょうか?

フレンチネイルとは、爪先にホワイトのカラーをのせたネイルのデザインのことです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

lamer.nail(@lamer.nail)がシェアした投稿

 

前からあるもっとも基本的で有名なデザインでもあります。

近年はホワイト以外のカラーを使用したカラーフレンチが主流になってきました。

また爪先だけでなく、逆フレンチやダブルフレンチなど、いろいろな種類のデザインが登場しています。

フレンチネイルは手を上品に見せることができるので、オフィス用ネイルとしても人気です。

逆にカラフルなデザインにすると休日のおしゃれにとてもよく合うので、どんな場所でも使えるフレンチネイルは長年たくさんのネイル愛好者に愛されているデザインです。

フレンチネイルの種類と名前一覧

ではここからはフレンチネイルの種類をたくさんご紹介します!

 フレンチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

yamai(@____y.enne)がシェアした投稿

//www.instagram.com/embed.js

 

フレンチネイルの定番の型。

一番最初に思い浮かぶのはこのデザインではないでしょうか?

シンプルで上品なのでどんなシーンにも活躍してくれます。

 細フレンチ(極細フレンチまたはスキニーフレンチ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

a little salon niiina(@tkc0925)がシェアした投稿

 

ここ数年人気の高い“細フレンチ”

“極細フレンチ”や“スキニーフレンチ”とも呼ばれています。

少し難易度は高くなりますが、指を長くみせる効果があります。

 逆フレンチ

 

爪の付け根にアクセントをつけるデザイン。

爪が伸びても目立ちにくく、短い爪でも可愛くアレンジすることができます。

 ハーフフレンチ(ストレートフレンチ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

7ssnn(@shoko.crece)がシェアした投稿

 

まっすぐ横に線を引くデザイン。

ここ数年でとても人気が出てきました。

カーブをつけるフレンチネイルと違い、まっすぐ引くだけなので初心者でも簡単にできるのも魅力です。

爪の真ん中や先端だけなど、好みで色のバランスを変えることができるので応用もいろいろできて楽しめるデザインです。

このハーフフレンチは爪が短い方でも可愛くできます。

 ななめフレンチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

sweet nail BiBi(@sweetnail.bibi)がシェアした投稿

 

カーブの位置を左右非対称にしたデザイン。

指をきれいに上品に見せる効果があります。

 V字フレンチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

@l.allure_7がシェアした投稿

 

先端をカーブではなくVの型にしたデザイン。

爪の長さがある方は、マニキュアをまっすぐ引くだけで完成するので簡単にできます。

 逆Vフレンチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroko Fujii(@seven_sea_nail)がシェアした投稿

 

こちらは先程のV字型の逆バージョン。

大人っぽい印象に仕上がります。

こちらもまっすぐ引くだけのデザインではありますが、中心に向かってまっすぐ引くのは少しテクニックが必要になります。

そんな時は後でご紹介する“マスキングテープ”を使用すると、とっても簡単にできます。

 ダブルフレンチ

 

こちらはフレンチの線を2本引いたデザイン。

線を増やすとデザインの幅も広がり、カラフルなネイルにすることができます。

かっこよくも可愛くもなるデザインなのでいろいろ試してみてください。




フレンチネイルは難しい?おすすめのやり方をご紹介

今ではすっかり定番となったフレンチネイルですが、シンプルな型なのでかえって難しいと感じる方も多いようです。

https://twitter.com/nchaya0815/status/1379600528691331076?s=21

 

特に難しいと感じるのは、まっすぐな線をきれいに引くことではないでしょうか?

でも諦めなくて大丈夫!!

誰でも簡単、きれいにまっすぐな線を引けちゃう方法があるんです。

 マスキングテープ

カーブがなく、まっすぐな線を引くフレンチネイルにするときは“マスキングテープ“が便利です。

このテープは100円ショップなどで売ってるものでOK。

塗りたくない場所をテープで覆いマニキュアを塗ればきれいなまっすぐの線を引くことができます。

マスキングテープで作るおすすめのフレンチネイル

  • ハーフフレンチ
  • V字フレンチ
  • 逆Vフレンチ

 

 ガイドテープ

定番のフレンチなど、爪の形に合わせてカーブをつけた場合はフレンチネイル専用の“ガイドテープ“が便利です。

使い方はマスキングテープと同じ。

しかもネイル専用のテープなどで接着部分の強さを気にすることなく、そのまま使用することができます。

https://item.rakuten.co.jp/nail-koubouu/gaido-01/

 フレンチネイルシール

もっと簡単にしたい!!

そんな時は“フレンチネイルシール“を使っちゃいましょう。

このシールはすでにフレンチの型にカットされていて貼り付けるだけ。

一番お手軽で、しかもきれいに仕上がります。

今ではたくさんの種類が発売されているので、いろいろ試してみるのも楽しいですね。

 

詳細は画像をクリック

 

 失敗した時の裏技

いくらガイドテープなどを使っていても、ちょっと手元が狂ってしまうとまっすぐの線が崩れてしまうことがあります。

それをまた一からやり直すのはとても大変。

気分も下がってしまいますよね。

そんな時は簡単に崩れを目立たなくすることができます。

それはフレンチの境目に“装飾をする“

まっすぐきれいな線にならなかった場合は、そこの境目にラインストーンやアートを描いてごまかすことができます。

ラメのマニキュアを引いても境目をぼかすことができるのでおすすめ。

この方法を使うと失敗が全くわからなくなるどころか、爪先がより華やかできれいに見せることができます。

とってもお得なこの方法。

ぜひやってみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

フレンチネイルといってもこれだけたくさんの種類がありましたね。

フレンチネイルはその可愛らしさや手軽さなどから、今後もさまざまな種類のデザインが生まれると思います。

ぜひこれをきっかけに自分だけのフレンチネイルを楽しんでみてくださいね!!

 

なばな店長
なばな店長
最後までお読みいただきありがとうございました
さざれ店長補佐
さざれ店長補佐
またお会いするですぅ
LINEお友達登録

お友達追加していただくと、

季節におすすめのネイルアートや自宅でもできるネイルテクニックの動画配信情報

またネイルサロン運営やブログ集客についてのためになる情報などお届けしていきます!