広告
ネイル/コスメ情報

ネイルペーパーパレットの使い方を解説!代用で使えるグッズも紹介!

最近、ネイル用品専門店だけでなく、100円均一でも見かけるようになった「ネイルペーパーパレット」は、

コンパクトに収納でき、使い終わったら捨てられるパレットなので、

プロのネイリストさんだけでなく、セルフネイラーさんにもぜひおすすめしたいアイテムです。

そこで、

さざれ店長補佐
さざれ店長補佐
ネイルペーパーパレットの使い方やポイントを知りたい! 
なばな店長
なばな店長
手元にネイルペーパーパレットがないとき、家にあるもので代用できないかな?

 

というあなたのためにこの記事では、

  • ネイルペーパーパレットの使い方
  • ネイルペーパーパレットの代用で使えるものは?

についてまとめています。

ぜひ最後までご覧ください♪

ネイルペーパーパレットの使い方

 

詳細は画像をクリック

ネイルペーパーパレットとは、表面にラミネート加工が施されているため、

水やジェルが浸透しないように作られています。

よって、通常のパレットと同じようにアクリル絵の具のミキシングはもちろん、

オリジナルカラーのカラージェルやカラーポリッシュを作ったり、

ネイルブラシの一時保管場所としても使うことができる優れものです。

また、メモ帳のように束ねられていて、使い終わったら剥がして捨てるだけなので、

片付けも手が汚れることなく、とっても楽で時短にもなります。

そんなネイルペーパーパレットの使い方をご紹介していきます♪

剥がさずにジェルやポリッシュ、絵の具を乗せる

ネイルペーパーパレットは、メモ帳のようになっているためついつい剥がして使いがちですが、

剥がさずに束のまま使いましょう。

束から剥がすと意外と薄くペラペラとしていて安定しないので、

ミキシングをするときはもちろん、ジェルや絵の具をブラシですくうときにも動いてしまいます。

よって、剥がさずに1番上のペーパーパレットから使うようにしましょう。

 

なばな店長
なばな店長
はがすとクルっと丸まってきてしまう場合もあるですよね!

ジェルやポリッシュ、絵の具同士の距離を開ける

カラージェルやカラーポリッシュ、絵の具同士を広げる位置は、

勝手に混ざったりしないようにしっかり距離を開けましょう。

具体的には、小さいメモ帳サイズのネイルペーパーパレットを例に挙げると、

1枚のペーパーパレットでは、大体3〜4色を限度に使用するようにしましょう。

そして、ネイルペーパーパレットの端にジェルを乗せてしまうと、

傾いたときなどに溢れたジェルや絵の具などが、下の層に入り込んだりするので、

なるべく、ジェルやポリッシュ、絵の具同士の距離はもちろん、

端からの距離もしっかり取るようにしましょう。

使用後はネイルペーパーパレットを剥がし、ジェルの場合は硬化して捨てる

使い終わった後、そのまま捨てることも可能です。

また、ジェルで使用した場合により細かくごみを分別するために、

ジェルはネイルライトで硬化させることで、ペリッと剥がすことができるので、

ネイルペーパーパレットは可燃ごみとして、ジェルは不燃ごみとして捨てることができます。




ネイルペーパーパレットの代用で使えるものは?

ネイルペーパーパレットの枚数がなくなってしまったときや、

まず家にあるものでパレットを使って色を作ってみたいという方のために、

家に余っていたり、捨ててしまいがちなものを代用品として使うのに、おすすめなアイテムやアイデアをご紹介します♪

牛乳パック

まずご紹介するのは、牛乳パックです。

パレットの代用品としてまず思い浮かぶのが、この牛乳パックなのではないでしょうか。

牛乳パックの内側は撥水加工が施されていて、なおかつ白いので、

混ぜたカラーが見やすくいのでとても使いやすいです。

さらに、文具はさみで簡単に切ることができ、使いやすいサイズに切っておくとすぐに使うことができるので便利です。

食品用トレー

次にご紹介するのは、肉や魚用の食品トレーです。

こちらは、茶色や青色など、色がついていることがあるので、できるだけ白いものを選ぶようにしてください。

食品トレーも牛乳パックと同様に撥水性で染み込むことはないのですが、

肉や魚の汁がこぼれないような形状になっているために、端に緩やかなカーブがついています。

すると、端に置いていたはずのカラーがいつの間にか別のカラーに混ざってしまうことがあるので、

1色だけ多めにカラーを作りたいときや、

縁の高さを利用して、ブラシの一時保管場所として使用するときにおすすめなアイテムです。

クリアファイル

次にご紹介するのは、クリアファイルです。

一枚のクリアファイルを切るとたくさんのネイルパレットができるので、

事前に不要なクリアファイルを、お好きなサイズに切っておくことをおすすめします。

クリアファイルは透明なので、透明感のあるシアーカラーを作って爪の上にかざすと、

イメージが掴みやすいので初心者さんにもおすすめです。

また、使用後はそのまま捨てても良いのですが、ポリッシュや絵の具を乾かしたり、

ジェルを硬化したりすると簡単に剥がれるので、マスキングテープなどでペタペタと綺麗にカラーを取れば再利用することができます。

使い捨てコンタクトレンズの容器

次にご紹介するのは、使い捨てコンタクトレンズの容器です。

コンタクトレンズをお使いの方はぜひ捨てずに洗って取って置いてください。

コンタクトを取り出すとすぐ捨ててしまうコンタクトレンズの容器ですが、

程よくカーブがついていて、1色ずつ取り出したり、混ぜたりするのにとても

便利なんです。

また、容器自体が透明なものも多く、爪に乗せた時のイメージも掴みやすいので、コンタクトレンズの容器も初心者さんにおすすめです。

PPテープ

最後にご紹介するのは、ポリプロピレンの透明テープです。

これをどのようにパレットにするかというと、

施術する時に敷くネイルマットやキッチンペーパーなどに貼り付けて使います。

そうすることで、パレットが動くことなく使うことができ、

片付けの時にマットごと捨てることができるので、片付けもとっても簡単になります。

まとめ

この記事では、

  • ネイルペーパーパレットの使い方は、
    剥がさずに使う」、「カラー同士の距離を十分に開ける」、
    「使用後は束から剥がして、ジェル
    の場合は硬化して分別して捨てる」
  • ネイルペーパーパレットの代用で使えるものは、
    「牛乳パック」、「食品トレー」、「クリアファイル」、
    「使い捨てコンタクトレンズの容器」、「PPテープ」

についてまとめてきました。

ネイルペーパーパレット一つでいろんな使い方ができるので、

ぜひこの記事を参考にして活用してみてください♪

なばな店長
なばな店長
最後までお読みいただきありがとうございました
さざれ店長補佐
さざれ店長補佐
またお会いするですぅ
LINEお友達登録

お友達追加していただくと、

季節におすすめのネイルアートや自宅でもできるネイルテクニックの動画配信情報

またネイルサロン運営やブログ集客についてのためになる情報などお届けしていきます!