広告
ネイルレッスン

ジェルネイルが横から浮くのはなぜ?剥がれた時の対処/応急処置方法を紹介

皆さん こんにちは!!

セルフネイル楽しんでいますか~??

セルフネイルは自分の好きな時に好きなデザインをすることが出来るし、コスパも良いし

メリットがたくさんありますよね♪

しかし、残念ながらデメリットとして持ちが悪い

剥がれやすいなどといったお悩みをお持ちの方多いのではないでしょうか??

しっかりプレパレーションもしてるつもりだし、丁寧に塗っているのに、、

実は、ジェルネイルの剥がれてきた場所によって原因はさまざまあります。

根本、サイド、先端、真ん中だけ白っぽくなって浮いている中浮き等、、

そこで今回はよくあるサイドからの浮きの原因を特化してお伝えします!!

また、浮いて剥がれてしまった場合の対処や応急処置方法も解説していきますので、

セルフネイルで悩まれている方必見です☆

 

この記事では

・ジェルネイルが横から浮くのはなぜ?

・剥がれた時の対処・応急処置

・まとめ

を解説しています。ぜひ最後までご覧になってくださいね♪

ジェルネイルが横から浮くのはなぜ?

ジェルネイルがどこから浮いてくるのかによって原因はさまざまとお伝えしましたが、

横から浮いてくるということは、サイド部分にジェルがきちんと密着できていないということです。

ということは原因は2つ考えられます。

それでは、この2つについて詳しく解説していきます!

サイドに甘皮が残っている

まず1つ目の原因として、サイドに甘皮が残っているという可能性があります!!!

いやいや、しっかり甘皮とっているよ!!

と思われた方、サイドにうすーくへばりついた甘皮の存在に気付いているでしょうか??

主に目につく角質や甘皮はしっかりケア出来ていても、

爪表面に薄く張り付いている甘皮が残っている可能性があります!!

キューティクルリムーバーを塗る、またはお風呂上りなどでしっかり甘皮をふやかした後に

プッシャーの裏でサイドをかきだすようにしてみてください

こんなにあったの??というくらい取れることがありますよ☆

ここが綺麗になっていると、次の行程のジェルを塗る作業も格段に塗りやすくなります!!

サイドにベースジェルが塗れていないor薄すぎる

もう一つの原因として考えられることは

サイドにベースジェルが塗れていないor塗っていても薄すぎる

ということがあります。

正面からだけ見てベースジェルを塗った場合、一見綺麗に塗れているように見えますが、

手を傾けてサイドをよく見てみると結構隙間が出来ているかもしれません。

しっかりと自分の見えやすい位置に傾けて、スキンダウンもしっかりして塗って下さい♪

また、今言ったことが出来ていたとしてもサイドのジェルのはみ出しを恐れるあまり、

筆にとるジェルが少なすぎて真ん中は適切な塗布量なのに、サイドだけ薄い仕上がりになってしまう方がいらっしゃいます。

その場合はせっかく塗れていたとしても、ジェルが薄いと強度が落ちてしまう為

サイドから浮く原因になってしまいます。。

厚みがあり過ぎても仕上がりが悪くなってしまいますが、基本的には均等な厚さになるよう

心がけて塗りましょう!!

はみ出してしまった場合は、硬化する前にウッドスティックで綺麗に除去しておけば大丈夫です♪




剥がれてしまったときの対処・応急処置の方法

それでも、もしジェルネイルが剥がれてしまった場合どうしたらいいのでしょうか?

それは剥がれ度合にもよりますが、

少し欠けてしまった程度であれば応急処置で対応することが出来るんです☆

それでは、こちらの角が欠けてしまったところを応急処置の方法を解説しますね~♪

1.爪全体を軽くサンディング

ジェルが密着しやすくするためにファイルで爪全体を軽くサンディングします。

2.剥がれてしまった部分の段差をなくす

ジェルが剥がれてしまった部分は自爪とジェルの段差が出来ている状態なので、ファイルで段差をなくすように削ります。

この時ベースジェルの浮き(白っぽくなっている部分)があればリフトの原因になるので削って取り除きましょう!

3.ダストを払う

ダストブラシで表面についたダストを払います。

この後にエタノールやクレンザーを含ませたキッチンペーパーでふき取るとよりgoodです◎

4.部分的にカラーを塗布

 

剥がれてしまった部分にカラーを塗布します。(今回は2度塗りしました)

浮きがあって、ベースジェルも削っている場合はベースジェルを部分的に塗ってからカラーを塗布してくださいね♪

5.トップジェルを塗布

カラーが綺麗に塗布できたらトップジェルを全体に塗布して硬化します。

完成です~☆

剥がれてしまっていたなんて全然分からないくらい綺麗になりました!!

 

ちなみに、爪の半分以上の広範囲が剥がれてしまったり浮いてしまっている場合は、

基本的に一度オフして付け替える方法をおすすめします。

なぜかというと、修正箇所が多いと削ったり塗ったりする範囲が広いので

付け替える手間がそんなに変わらないということと、

修正部分が大きければ大きいほど修正後と修正前の境目が目立ちやすくなってしまうからです。。。

ただ、まだ剥がれてはなくてジェルが浮いているだけの状態で一日だけどうにかしたい!!

という場合は最終手段として爪とジェルの隙間にグルーを流し込んで一時的にしのぐ方法もあります。

 

詳細は画像をクリック

 

この方法だと本当に一時しのぎなのでしばらくするとまたすぐに浮いてくるので、

出来れば時間のある時には上記の方法で対応することをおすすめします♪

まとめ

今回は、ジェルネイルが横から浮く原因と、剥がれた時の対処/応急処置の方法を

解説しました。

ジェルネイルが横から浮く原因は

・サイドに甘皮が残っている

・サイドにベースジェルが塗れていないor塗っていても薄すぎる

という2つが考えられます!!

綺麗にプレパレーションしてパッと見甘皮が残っていないように見えても

実はサイドにうす~くへばりついている甘皮が残っていることがあるので、

サイドもしっかり忘れないようにしましょう!

また、ベースジェルがはみ出てしまうのを恐れ過ぎてサイドに隙間が空き過ぎてしまったり、

薄すぎてしまわないようにしっかり横から確認しながら塗って下さいね~♪

剥がれた時の対処/応急処置のポイントは

・ジェルが密着しやすいよう全体のサンディングをする

・剥がれた部分とジェルの段差をしっかり整える

・ベースジェルの浮きがあればとる

ということです!!

特にベースジェルの浮きをそのままにしておくとまた剥がれてしまうのと、

隙間から水分が入ってグリーンネイルの原因にもなってしまうので、

もしあればファイルで削って取り除いておきましょう☆

それでは、この記事が参考になれば幸いです♪

なばな店長
なばな店長
最後までお読みいただきありがとです。
さざれ店長補佐
さざれ店長補佐
またお会いするですぅ!
LINEお友達登録

お友達追加していただくと、

季節におすすめのネイルアートや自宅でもできるネイルテクニックの動画配信情報

またネイルサロン運営やブログ集客についてのためになる情報などお届けしていきます!